設備紹介

歯科用CT撮影装置

従来使用されてきたレントゲンと比べて、立体的な情報を確認することができます。また神経の位置を把握したり、骨密度の検査も行うことが可能です。インプラント・歯周病・抜歯など幅広い症例に対応でき、治療の安全性を高めることができます。患者一人一人に適した治療法を決めるうえでも非常に効果的です。

デジタルレントゲン装置(パノラマ・セファロ撮影)

被ばく量の少ない歯科用レントゲン装置です。大まかな口内状態を検査したいときに用います。CTとは違い、2次元的な情報しか手に入らないので、より精密な検査が必要な場合には不向きです。特に神経の位置などはCTでしか分からない場合があり、治療のために万全を期すならCTをおすすめします。

炭酸ガスレーザー

抜歯や歯を削る際の痛みを和らげることができます。また虫歯菌や歯周病にも効果があり、予防治療という側面も強いです。知覚過敏の治療の際は、原因となる孔をふさぐ必要があるのですが、炭酸ガスレーザーが用いされるケースがあります。幅広い用途に使用できる最新テクノロジーの一つです。

口腔外バキューム

歯医者やクリニックで治療を行うとき、目には見えないほこりなどが空気中を漂っています。それが患者や医師の口内に入ったり、周囲に巻き散らかったりするのを防ぐために、口腔外バキュームを利用して吸い込むのです。治療環境を常に清潔に保つことができるので、院内の汚染を防ぐことができます。

オートクレーブ(DCデントクレーブ ハイスピードスチーマー)

当院は滅菌・感染対策には特に力を入れております。
当院の滅菌は「オートクレーブ」という2気圧、135℃の蒸気による高圧蒸気滅菌器で行っています。

ジェット式器具洗浄機

治療器具の滅菌・殺菌の際に使用します。手洗いと比べて短時間で洗浄が完了し、感染などの2次被害を防ぐことが可能です。また器具の裏側まできれいにできるので、人の手では見落としがちな場所も清潔にすることができます。

AED(自動体外式除細動器)

AEDとは自動体外式除細動器の略で、心臓が痙攣している人などに使用します。一般の人でも音声ガイダンスに従えば使用できるので、空港や駅、学校など幅広い施設に設置されているのが特徴です。当院でも、もしものときのために準備しており、お客様の安心安全に常に配慮しています。

ページトップへ戻る